簡単蕎麦打ち

2008.04.19 Sat

簡単に蕎麦打ちしているところの写真です
粉は 玄挽という 玄蕎麦から粉にしたもの
製粉会社の案内では 標準加水55%ぐらいとのこと。




約半分の240g=約2人前の粉 240x0.55=132g
の水が必要
分散加水しますので 大体40gの水を 2カップ計量して
(合計80g)おきます。
何時も 3分の1 3分の1 残りは スプレーです。








1回目 40gを加水 2回目加水と進む




両手で 攪拌 また、もみ手で 粒子を同じ大きさに






次からは スプレーしていきます。
左手で かき混ぜながら 







だんだん大きくなってきたら 手のひらで
子供の頭をなでなでするような感じで かき混ぜて行きます。





自然と 大きくなって来るまで 加水を続けます。
ビー玉や ピンポン玉ぐらいになれば 終了





60g+40g+40g=140gで
240gで割ると 約58%の加水でした。

この辺は かないまるさんのHPの
ビデオを見ていただくと 加水状況が
自動的に決まる方法として載っています。





円柱状にコロコロします。
菊練が出来るなら ひび割れない程度に
やさしくして まとめてください。





水だけで繋がっているので
二八のように 練らないでください。
丸く表面をツルツルにする気持ちで




次回 切りに 続けます。

幸い 私のところは 井戸水からの水道なので
特に 水を気にしていません。
よく 売っているペットボトル入りの お水で
良いと思います。

両手で 攪拌することが多いので
家庭用の ボールでは やりにくい
両手の手のひらが入るぐらいの 大きさのボールが
欲しいところ

私のは 蕎麦打ち用の ステンレスの鉢で
50cmぐらいの 開口サイズで
近所の ホームセンターで ¥4000で
販売されていたものです。最初の70−80%ぐらいの
加水までを 家庭用のあわ立て器で やっていた時の
名残ですが 清掃や管理が楽なので 良かったと
思います。

細かいところは 写真や 言葉では無理なので
ビデオで いずれアップしたいと思っています。


  1. 2008/04/19(土) 13:14:32|
  2. 蕎麦打ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karajiru.dtiblog.com/tb.php/6-a24c939a

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

辛汁(karajiru)

Author:辛汁(karajiru)
自宅で食べている蕎麦の記録です。

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約