秋鹿 1/876 と 蕎麦掻の温度

2009.06.17 Wed

秋鹿 自家栽培米でのお酒 運よく手に入りました。

へのへのもへじ・・・






飲みはじめに アルコール的な強さを
ほのかに感じた後には スッキリした味わいが待っていた


肴は 粗挽き蕎麦掻




保温のため 蕎麦湯を張って 供させるが
果たして それは必要?





最初のときの温度が
食べ終わる頃 6−7分後で





大きな温度変化は認められない

蕎麦は 同じ蕎麦掻の粉の内
20メッシュ下を使用

加水を少ない目にして硬い目に打ってみたが
やはり 食べにくさだけが残った。
当然 太さもある




  1. 2009/06/17(水) 07:57:06|
  2. 家蕎麦|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karajiru.dtiblog.com/tb.php/54-49a6886b

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

辛汁(karajiru)

Author:辛汁(karajiru)
自宅で食べている蕎麦の記録です。

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約