そばんち流で蕎麦打ち

2008.10.18 Sat

そばんち流の蕎麦打ちの実験

水回しは省略
最終 円筒型に





上から 塩ビシートの小間板で押さえて大きく



今度は 衝撃に強い ポリカーボネイトの1mm厚の
板の上から 手でたたく
そばんちさんは ゴムのハンマーですが
無い為 手が ハンマー代わりです。




20cmx15cmぐらいの四角に伸びたら
通常通り 延し棒で大きくし





これは 私の考えですが この時点で
ポリカのシートで 更に押さえて伸ばす




茹で上げで 1.7mmx3.0mmと太目
30秒茹でだが 硬い。




先日食べた 機械打ちの蕎麦のように
詰まっているようで 硬い
これを こしというなら 凄いこし



食感を守るためには 1.5mm以下の 直径に
してみる必要がありそう。

  1. 2008/10/18(土) 13:56:18|
  2. 蕎麦打ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karajiru.dtiblog.com/tb.php/37-06237acd

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

辛汁(karajiru)

Author:辛汁(karajiru)
自宅で食べている蕎麦の記録です。

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約