手延べそば

2008.06.30 Mon

今回は 手延べ蕎麦ならぬ 手延べそばです。

まず 手にへばりつくぐらいの 高加水にくくる





柔らかいので 練りは不要 空気も入らない
ころころ丸めること





打ち粉を多めにまいて 手でなでて伸ばす
高加水で無いと難しい
不思議に なでていると 伸びるとともに
手の感触で 薄いとこ ぶ厚い処がわかるので
しっかりなでてやろう

水分が多いので 麺棒や 板にへばらないよう
たっぷり 打ち粉をして 打ち粉がなくなるのに
注意してくださいね
くっ付くと 破れますよ!




高加水なので 茹で時間も短めに
1mm程度まで 薄くなっているので
10秒ぐらいの茹でのほうが 美味しいかな







以前に挽いてあった粉で
蕎麦掻 粉1に対して水3の割合で
鍋で 掻いただけのもの

粗挽きらしい見た目になっているが
古い 粉のため 風味は無い



水を入れすぎた時は そば粉をたしてみると
適度な 硬さに出来る 裏技も 使えます。

  1. 2008/06/30(月) 11:54:58|
  2. 蕎麦打ち|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://karajiru.dtiblog.com/tb.php/20-332a9218

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

プロフィール

辛汁(karajiru)

Author:辛汁(karajiru)
自宅で食べている蕎麦の記録です。

検索フォーム

RSSリンク

PoweredBy

Powered By DTIブログ

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約